トップページ > 回転寿司について > 回転寿司の誕生

回転寿司の誕生

200803091809000.jpg
戦後の高度成長期になると、衛生上の理由から屋台店は廃止され、寿司屋は高級な料理屋の部類に落ち着いていきます。


そんな中、大阪の立ち喰い寿司店経営者・白石義明氏よって、お寿司に新たな時代訪れます。


ビール製造のベルトコンベアをヒントに、多数の客の注文を低コストで効率的にさばくことを目的として「コンベヤ旋廻食事台」を考案します。





200803091837000.jpg
そして、1958年に大阪で回転ずしの初代となる、回転ずし店「廻る元禄ずし」を開店します。


その後日本では、持ち帰り寿司店「京樽」や「小僧ずし」も開業されます。


1980年頃にはす日本各地で普及するに至り、寿司は家族で訪れるような庶民性も取り戻していったというわけです。






関連項目

Copyright © 2007 THE 寿司. All rights reserved