トップページ > 回転寿司について > 究極の寿司職人??

究極の寿司職人??

200803091831000.jpgのサムネール画像一人前の寿司職人を育てるには、一般に10年はかかると言われております。


しかし、これだけ回転寿司が普及した中、10年をかけて寿司職人を育てるわけにも行きません。


そこで、登場したのが寿司ロボットです。厨房に人件費の高い職人を置かなくても均一のにぎり寿司が大量に作れるようになったわけです。

まさに、究極の寿司職人?といえるでしょう。



200803091852000.jpg

中にはワサビをつけたり、軍艦巻の海苔をまきつけるところまで自動で行なうものもあります。


また見た目はおひつの形をしていて、客席から一見すると寿司職人がおひつからシャリを取り出して握っているように見えるものもあえいます。


このように回転寿司では、熟練した寿司職人の技術をもった寿司ロボットの登場により、より一層の市場拡大に伴う需要を支えているわけなんです。





関連項目

Copyright © 2007 THE 寿司. All rights reserved