トップページ > 寿司の豆知識 > 寿司の日

寿司の日


築地 寿司 582.jpg寿司の日の始まりは、1961年(昭和36年)11月に全国寿司商環衛連の第4回全国寿司商環衛連・熊本大会に、遡ります。


毎年11月1日を、みのりの秋・収穫の秋・米への感謝の日として「全国すしの日」にすることが決議されたことからです。


これは、食欲の秋に伝統の寿司を一般の方々へ浸透させ、老若男女をとわず、寿司を十二分に食べて頂き、一年間の食への謝恩に報いるためにとのことです。




築地 寿司 611.jpg
なぜ、11月1日なのかというと、歌舞伎の狂言の
『義経千本桜』に登場する、寿司屋の弥助がすし屋
の先祖とされているからです。


登場人物の鮓屋の弥助、つまり平維盛は 歴史上の
人物です。


その、平維盛が寿司屋の弥助に改名した日が11月
1日である為、この日を(すしの日)と意味づけている
そうです。





関連項目

Copyright © 2007 THE 寿司. All rights reserved