トップページ > 寿司の歴史 > 寿司が誕生するまで

寿司が誕生するまで


築地 寿司 064.jpgお鮨という料理はいつごろ誕生したのでしょうか?まず、米に酢を使う風習は東南アジアの山地といわれています。


お寿司は元々は保存の為、米の中に、内臓を処理した塩漬けの魚を入れて発酵させた「なれずし」という食べ物でした。


起源は、紀元前4世紀頃の東南アジアといいますが、そこでは米を捨てて魚だけを食べていたといいます。


そして、この「なれずし」が中国を経て8世紀頃に日本に渡ってきます。


築地 寿司 601.jpg
ここで日本人は、この米を捨てずに一緒に食べ、
室町後期には「生成ずし」というスタイルが定着
しました。


ここで、寿司は保存食から料理へと変わっていくの
です。










関連項目

Copyright © 2007 THE 寿司. All rights reserved