トップページ > 寿司の豆知識 > 江戸前寿司発祥の地

江戸前寿司発祥の地


築地 寿司 623.jpg江戸前島の海で獲れた魚を、寿司ネタとして使ったものが
江戸前寿司です。

江戸前島とは、江戸時代以前から河川が運ぶ土砂に
よって東京湾に形成されてきた砂州が、次第に大きく
なったもです。

今の有楽町から東京駅の八重洲口から神田駅近くまでの
地域にあたり、現在の中央区の銀座・京橋あたりが、その
江戸前島の中心にあたります。


江戸前島平川(神田川)の流れによって作られ、半島状に
なっていました。



築地 寿司 595.jpg
江戸時代に入ると盛んに埋め立てが進み、陸続きの
土地が生まれました。

そのころ、江戸湾(東京湾)は漁業が盛んで、江戸湾、
つまり江戸城の前の海で捕れた魚を、江戸前の魚と
言っていました。

なお、築地という地名は、このようにして「築いて造った
土地」、という意味があります。

同様に、月島も古くは「築島」という字があてられていた
といいます。





関連項目

Copyright © 2007 THE 寿司. All rights reserved