トップページ > 寿司の歴史 > 握り寿司の誕生

握り寿司の誕生


築地 寿司 619.jpg江戸時代、江戸の町には、屋台を中心とする外食産業が普及しその中で「にぎり寿司」が世に登場しました。


江戸前を取り巻く海、すなわち東京湾でとれる魚介・のりを使うことから「江戸前寿司」と言うわけです。


江戸前寿司では、これまでは酢〆にしたり醤油漬けにしたり、あるいは火を通したりしていた食材も、生のままで扱うことがしだいに多くなっていきました。





築地 寿司 599.jpg
このように、江戸が握り寿司の発祥の地と認識
されていることもあり、現在でも「江戸前寿司」が
事実上の、握り寿司の代名詞に使用されている
というわけです。


世界共通語となった「sushi」も主にこの江戸前
ずしを指します。









関連項目

Copyright © 2007 THE 寿司. All rights reserved