トップページ > 寿司ギャラリー > 寿司画像(講義風景)

寿司画像(講義風景)

寿司講義での画像です。


20090528 056.jpg食品化学科、約60名の学生さんの前で寿司の話をさせて頂きました。

感想は、とにかく緊張したの一言です。

こんな大勢の前で話したことがないので、正直、自分でも何を話しているか、分からない状態でした。

緊張のあまり唇が乾きすぎて、くっ付いてしまったのを今でも思い出します。







20090528 046.jpgだいぶ緊張もほぐれてきて、いい感じで寿司の話しをしているあたりでしょうか!?

学生の皆さんも、とても真面目に話を聞いてくれたので、とっても助かりました。

あとで、レポートを出さなきゃといってましたので、メモをとる学生さんもいました。









20090528 068.jpgいよいよ、実技に入ります。

まずは、私の指導のもと、シャリ合わせから実践してもらいました。

米に酢を合わして内輪で仰ぐ作業を、皆さん真剣に取り組んでいました。

シャリ合わせなんて、普通は体験することなんてないですからね。かなり苦戦していたように思えます。







20090528 080.jpgシャリ合わせの次は、魚(ネタ)を仕込む実技を行ないました。

ご用意して頂いたネタ(魚)の種類は、鮪(マグロ)、真鯛(マダイ)、イカ(烏賊)の3種類です。

さすが、近海でとれた魚だけあって鮮度抜群でしたね。










20090528 085.jpgまず始めに、イカ(烏賊)、真鯛(マダイ)、鮪(マグロ)それぞれの仕込みを、私が披露。

包丁の使い方から、魚の切り方まで、講義しながらの仕込みは、初めての体験なので結構緊張しました。

その後は、学生の皆さんに、実践してもらいました。










20090528 106.jpg包丁を使ったことがない学生さんもいましたし、ネタの仕込みの実践では皆さん、結構苦戦していましたね。

真鯛(マダイ)や鮪(マグロ)なんかは、どうしても身崩れしてしまい、タタキ状態になっている学生さんもいました。

でも、皆さん一生懸命に、取り組んでくれていたので、教える側としても、とても気持ちが良かったですね。









20090528 113.jpg最終の実技は、いよいよ、握り寿司!!

まず始めに私が、学生さん達の前で寿司の握りを実践し、その後、皆さんに実践してもらいました。

皆さん苦戦しながらも、楽しく寿司を握っていたのが、とても印象的でしたね。











関連項目

Copyright © 2007 THE 寿司. All rights reserved